♣︎日記・雑記

【アメリカ妊娠日記-2】産婦人科医にアポイント→ベイエリアで診てもらえる日本人医師

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

さて、初めての妊娠・出産、初めてじゃなくても海外での妊娠・出産。できれば日本人のドクターかつ女性に診てもらいたいもの…。ベイエリアにも少しだけいらっしゃいます。実際にマタニティのお友達はほとんどいずれかのドクターに診てもらっている方がほとんどでした。

★ドクター地口
 性別:女性
 所属:Kaiser Permanente Medical Center
 場所:サンマテオoffice

★ドクター井上
 性別:男性
 所属:Palo Alto Medical Foundation
 場所:マウンテンビューoffce

★ドクター野村
 所属:Kaiser Permanente Medical Center
 性別:女性 
 場所:マウンテンビューoffce

ドクターを選ぶ際、重要となるのが以下の4つでしょうか。

①保険適用の有無
②勤務エリア
③性別(人による)
④言語(人による)

アメリカの医療は高額なので、まずは何はともあれ保険の適用がある病院かどうか。そして妊娠中は何があるか分からないから、なるべく移動距離が少ない場所に病院があると安心です。

サンフランシスコ〜ペニンシュラ北(サンマテオ、フォスターシティ)に住んでいる方はドクター地口、ペニンシュラ南(レッドウッドシティ)〜サウスベイに住んでいる方はドクター井上に診てもらっている方が多いようです。

わたしの場合は、まず①の段階でKaiser Permanente Medical Centerは保険適用外だったので、ドクター地口に診てもらうことは諦めました。住んでいる場所もサウスベイなので、マウンテンビューoffceのドクター井上にアポイントを取ることにしました。
 

が!

電話したところ、予約ができるのが一ヶ月先…。そもそもアメリカは、初診は早くて9週目、遅い人だと12週目というのんびりコースなので、本来ならそれでオッケー(早く診てもダメになるときゃダメになるの精神だそう…)だし、早く診てもらおうと電話しても、そのぐらいの週数まで待たされるそうです。

ただ、わたしの場合は一度大量出血し、その後も出血が続いているということで例外として早く受診することが許されました。出血=何か問題があるに違いない、ので、なるべく早く診てもらえるドクターに…ということで、別のドクターを予約することになりました。

ちなみに、Palo Alto Medical Foundationであれば、ドクターは以下のページから探せます。ドクターによっては、評価もついていますので参考になります。ドクターは、相性が悪いと感じた場合あとから変更もできるようです。

Find the doctor who is right for you…

*入力内容*
・ZIPコード:
・All specialties(Obstetrics and Gynecologyを選択)
・Languages spoken:
・Physician gender:

【アメリカ妊娠日記-3】につづく… 。

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @mica_sfclip
【Instagram】きれい・おいしいもの集め→ @mica_sfclip
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【アメリカ妊娠日記-15】妊娠後期の検診・1回目と想定外の後期エ…
  2. アメリカで出会ったお気に入りのリュック #Herschel Su…
  3. アメリカのテレビ番組表の見方と日本のテレビを見る方法
  4. 【アメリカ妊娠日記-3】産婦人科でプレ初診(7週2日)
  5. T.J.Maxxで発見した日本の人気ヘアケアアイテム
  6. 【アメリカ妊娠日記-9】妊娠中期の胎児エコー(18週6日)
  7. 【日本帰省】THE YELLOW MONKEY SUPER JA…
  8. 【アメリカ妊娠日記-12】妊娠中期の検診(19週3日〜32週5日…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP