♣︎日記・雑記

【アメリカ妊娠日記-3】産婦人科でプレ初診(7週2日)

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

【アメリカ妊娠日記-2】でも書いた通り、アメリカの初診は9週目以降が多く、ここでは最低限の診察だったため、タイトルを「プレ初診」としました。7週目に入ったときのことです。

場所はPalo Alto Medical Foundationのマウンテンビューoffce。

受付でアポイント名、ドクター名、時間を伝えて保険カードを提出、copayを支払って待機。混んでいるときは30分近く待たされるけど、逆に遅刻は10分でも厳しい。実際に遅刻したとき「なんで遅れるなら電話しないんだ」とえらい怒られた(車を運転してたから電話できませんでした…)。※copayとは診察料のことで保険契約によって金額が異なります

ナースに呼ばれて廊下で簡単な体重測定、個室に案内される。尿検査はなし。

入室し、内診台に腰かけてナースから簡単な質問。腹痛、出血の状況を聞かれる(腹痛の強さや頻度、出血はナプキンのどれぐらいが何時間でいっぱいになるか?という感じ)。

血圧測定後、下半身すっぽんぽんになり、内診台で待つよう指示あり。ナースはドクターとバトンタッチするべく退室。日本と違ってドクターやナースとの間にカーテンなど遮るものは一切なし!下半身にかぶせるものも、ただの紙で心許なすぎる。パートナーも同伴できるので一人分の椅子があって、そこはかろうじてカーテンで遮ることが可能。

d38d980f.jpg


ドクターが登場。ナース同様、出血や腹痛について聞かれる。 その後【経膣エコー】。器具をズボッといかれてグリグリされる(←言い方)。

血液型を聞かれて答えたけど「プラスorマイナス」が分からず、ラボへ移動して血液検査(産婦人科は3階、ラボは1階)。

ラボへの移動前に受付で次回予約を取る(医師より「次は○週間後ね〜」と指定される)。

出血が続いていたので、ハラハラしながらの診察でしたが、無事ひよこのような赤ちゃんを確認できました♪正常な位置に妊娠しているとのことで一安心。子宮内に出血している形跡はあるけれど、血腫のようなもので原因は不明。いずれにせよ、安静第一。

ハイテクだな〜と思ったのは、診察結果がWeb上にまとめられていることです。Palo Alto Medical Foundationのホームページからアカウント登録します。

Palo Alto Medical Foundation

夜には登録したEメール宛に「New After Visit Summary Available」というメッセージが届き、ログインすると、体重、血圧、診察で話した内容(重要部分だけ)をまとめてみることができます。Congratulation!とサマリーには書いてありましが「まだ何が起こるか分からない」とも言われました。

初診が通常9週以降というのは、日本と比べると、遅い!という意見もありますが、異常妊娠であれば何らかの症状が出るはずであり、また、事情を話せば然るべきタイミングで予約を入れてもらえるし、親身になってくれます。

ちなみに、このぐらいから、お腹がすいた時、うーっすら気持ち悪いような気のせいのような胸焼けが始まりました。つわりが始まるのか!とビクビクしていましたが、いまいち盛り上がりを見せないまま消えました。つわりがほとんどなくってラッキー。

【アメリカ妊娠日記-4】につづく…。

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @mica_sfclip
【Instagram】きれい・おいしいもの集め→ @mica_sfclip
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【福岡/カフェ】都会のオアシス的なロケーションいちおしのスタバ …
  2. 9月に入ったらディスプレイはハロウィン♪
  3. 【イベント】2014年→2015年の年越しカウントダウンはジェニ…
  4. 【アメリカ出産日記-6】会陰切開〜吸引分娩〜ベビー誕生 at G…
  5. わずかな「秋らしさ」を感じる10月初旬のナパ散策
  6. 【アメリカ妊娠日記-12】妊娠中期の検診(19週3日〜32週5日…
  7. 【アメリカ妊娠日記-5】妊娠初期オリエンテーションと子宮頸がん検…
  8. 【イベント】北カリフォルニア最大級のイルミネーション「Fanta…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP