♣︎日記・雑記

【アメリカ出産日記-2】微弱陣痛〜抗生物質の投与 at Good Samaritan Hospital(グッドサマリタン病院)

cef7612acbbd511340cc25f2da419fc4_s

午後11時半頃に入院。

早速、部屋にナースがやってきて、着替えを指示されます。自分の服を自宅から持ってきてもいいそうですが「どうせ汚れるから」という意見も多かったので、わたしは病院に置いてあるピンクの浴衣みたいな部屋着(?)を使用しました。そういえばお風呂上がりでろくに髪も乾かせなかったので、ボサボサ頭だ…。

ちなみにこれ、後ろ丸開きなんです。分かりづらいですが、左手に持っているのがガウン的なやつ。羽織らないとリアル「貧ぼっちゃま」。

ec2a8059.jpg

ベッドで横になると、お腹にモニターが2つ付けられました。1)陣痛の強さ 2)ベビーの心音 を図るものだそうです。それに加えて、わたしはGBS検査が陽性でしたので→【アメリカ妊娠日記-6】妊娠初期の検診・2回目(GBS検査→陽性)とスクリーニング検査(出生前診断)について(10週6日)、破水した時点で抗生物質を投与する必要がありました。そうしないと、ベビーに感染してしまうからです。

何やら物騒な装置…点滴です。ハリを手の甲に刺したのが地味に最初の試練でした…(つまりすごく痛かったヽ(TдT)ノ)。

3571944c.jpg border=

これ、想像以上に不便。トイレへ行く間は外せるのですが、その度にハリの出し入れをするわけにはいかないので、ハリは刺したままコンセントを引っこ抜き、ガラガラと器具ごと引きずってトイレへ行くのです。水分は取らなきゃいけないし、さらに妊婦だから頻度も多いし、何度ナースや夫にトイレ申告をしたことか…ε=ε=(;´Д`)

トイレでは、その都度大きな軽量カップ(?)みたいなのに用を足します。終わった後にナースが確認。自分の尿をこんなにダイレクトに見られるなんて…。

子宮口チェックが行われ、5センチ開。すでに陣痛はきていて、10分間隔。ハリは感じるものの、痛みは感じない。あとは間隔が狭まるのを待つのみ。時刻は深夜。眠いんだけど、いつ陣痛が強まるかわからないし、興奮状態にあるのか、なかなか寝付けなくて。

BlogPaint

夫も一緒に病院で過ごします。部屋着スタイル。平日なので、彼は仕事用パソコンを持ち込んでいました。寝たような寝てないような状態で、そのまま朝を迎えました。長丁場。

01f33324.jpg

【アメリカ出産日記-3】につづく…。

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @mica_sfclip
【Instagram】きれい・おいしいもの集め→ @mica_sfclip
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【佐賀/グルメ】海中レストランで食すヤリイカ活き造り #萬坊(ま…
  2. 【トレジョーmemo】そんじょそこらのベーカリーよりおいしい冷凍…
  3. 【アメリカ妊娠日記-5】妊娠初期オリエンテーションと子宮頸がん検…
  4. 【アメリカ妊娠日記-20】妊娠後期(臨月)の検診・2〜5回目(3…
  5. スキンケア製品ですっかり買わなくなったものと逆に買うようになった…
  6. スーパーで購入できるCOLD BREW COFFEE(コールドブ…
  7. ハンドメイドコスメや雑貨も充実!キャンベルのファーマーズマーケッ…
  8. 【アメリカ妊娠日記-8】妊娠初期の検診・3回目と子宮頸がん再検査…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP