♦美食グルメ

【クパチーノ】希少かつ高品質の豆で一杯ずつ淹れたコーヒーがいただけるスタバの次世代店舗 #Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)

♦︎Starbucks Reserve(スターバックス・リザーブ)
スターバックスの次世代店舗。コーヒーの専門家が選んだ希少かつ質が高い豆を毎月小ロットで仕入れ、注文ごとに選りすぐりの器具を用いてコーヒーを淹れてくれる。木目調、ブラック、ピンクゴールドを基調としたオリジナルの店舗デザインやグッズも人気。2014年シアトルにオープンした「Starbucks Reserve Roastery & Tasting Room(スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム)」で焙煎したのち、各店舗へ運ばれている。

=====

スポンサーリンク

先日シアトル旅行をした時に、お友達が「おしゃれだったよー」と絶賛してた「Starbucks Reserve Roastery & Tasting Room(スターバックス・リザーブ・ロースタリー&テイスティングルーム)」(←長い!)。

店内には焙煎所あり、図書ルームありと、本当に素敵だったんですが(こちらはまた近いうちに記事書きます♪)、興奮冷めやらぬ中、クパチーノに同様の店舗ができていたのを発見!

「Roastery & Tasting Room」という肩書きは付いていないので、厳密に言うとシアトルの店舗とは違う模様。

ただし、通常のスタバと仕入れている豆、コーヒーの淹れ方、店舗デザイン、オリジナルグッズすべてが異なる「Starbucks Reserve」ブランドという点では同じ。

木目調かつ★とRのロゴが印象的な外観。このあたりは何度も通ったことあったけど、以前は普通の店舗もしくは違うお店だったはず。調べたところによると今月オープンっぽい。

ちょっと広めの作りになっています。


使用している器具にもかなりこだわっているそうです。

オーダーして、受け取り。

ペイストリーは通常の店舗と違わないようでした。

が、異彩を放っていたタコさん。こんな可愛いクッキーあったっけ?

コーヒー受け取りを待っている間、こっそり写真撮影。

シアトルでも大興奮だったのが、同ブランドのオリジナルグッズ。シンプルな中に★マークとRロゴが効いてて、かっこいいのです。

シアトルでは見かけなかったグッズがたくさんありました。あちらは、また別格なのかな。



★マークという意味では、ちょっとリチュアルコーヒーとかぶる。

個人的には、このピンクゴールドの雰囲気がとても好きです。珍しい器具が並んでいましたが、来店したときは使われていませんでした。


コーヒー自体は、使われている豆がそもそも違うということで、通常の店舗より濃かったです。豆の味がしっかり抽出されているのかも。

やっぱり珍しいからか、平日にも関わらずすごく混んでいて、座ってコーヒーをいただくことはできませんでしたが、またゆっくり過ごしてみたい空間でした♪

スタバに関してほぼ無知だったんですけど、リザーブ自体は日本にも結構あるのね…。それでも、全店舗の5%の割合だというから貴重には違いない(アメリカの割合は不明)。

レッドウッドシティにある店舗がここよりさらに大きそうだから行ってみたいな。

アクセス情報

Starbucks Reserve(公式ホームページ)
Starbucks Reserve(Instagram)

Stevens Creek店/ (408) 973-8358
20520 Stevens Creek Blvd Cupertino CA 95014

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @mica_sfclip
【Instagram】きれい・おいしいもの集め→ @mica_sfclip
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【サンノゼ他】地元の魚や野菜を利用したフレッシュなポキ丼 #Go…
  2. 【ロスガトス】カリフォルニアで4番目に古い歴史あるワイナリー #…
  3. 【パロアルト他】ビバリーヒルズ発祥のセレブ風カップケーキ専門カフ…
  4. 【サンノゼ】ピリ辛ヌードルが人気のベトナム料理店 #Bun Bo…
  5. 【ロスガトス他】三ツ星レストランのシェフが手掛けるベーカリー #…
  6. 【マウンテンビュー】人気高級レストランが運営するヨーロッパSty…
  7. 【サンノゼ】広々とした空間でいただくこだわりの自家製コーヒー #…
  8. 【サンノゼ】リニューアルオープン!アジア料理も楽しめるブランチレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP