定番スポット

在住者おすすめ!絶景ゴールデン・ゲート・ブリッジの写真撮影スポット4つ


【最終更新日:2017.09.21】

こんにちは。mica(@mica_clip)です。

サンフランシスコの観光名所といえば、絶対に外せないのが青空に映えるゴールデンゲートブリッジ!ドラマや映画などでその美しい光景を目にした方も多いはず。

2017年で80周年を迎え、これまでにもっとも写真を撮られたとも言われているゴールデンゲートブリッジ。これまで何度となく眺めたり渡ったりした管理人がおすすめする絶景写真が撮れるビュースポットを4つ+αでご紹介します。

スポンサーリンク

ゴールデンゲートブリッジの概要

1937年に開通した、サンフランシスコと対岸のマリンカウンティを結ぶ全長2737メートルの橋。徒歩、自転車、車で渡ることができます。

ゴールデンゲートブリッジは赤だと思われていますが、実は「インターナショナルオレンジ」と呼ばれる朱色に近い色。世界でも珍しいこの色になったのは、サンフランシスコは霧の発生が多く、一般的な白やグレーだと見えにくくなるからだそうです。

青空の中に掛かる鮮やかな色の橋。まさにサンフランシスコの象徴です♪

霧がよくかかるって本当?

サンフランシスコは別名「霧の街」。たしかに他エリアよりも発生頻度が高いです。

霧が出る理由は、陸側の暖かい空気が太平洋を流れるカリフォルニア海流(寒流)に流れるためだと言われています。空気が冷えると過飽和状態となって霧が発生。

午前中、特に内陸の気温が高い時は霧が多く幻想的な光景を目にすることができます。よって、青空に映える橋を臨むなら午後が狙い目!

晴れでも霧でも楽しめるのがゴールデンゲートブリッジのいいところ♪

撮影スポット1:Golden Gate Bridge Welcome Center(ゴールデンゲートブリッジ・ウェルカムセンター)

P1000858

写真撮影スポットはいくつもありますが、まずメジャーなのは橋の起点となるウェルカムセンター。この施設自体はいわゆる観光案内所で、観光バスツアーの紹介や、書籍、DVD、マグカップなど橋をモチーフとしたお土産を販売しています。

わたしが渡米して最初に訪れたのもここでした。サンフランシスコのダウンタウンからフィッシャーマンズ・ワーフへ向かい、そこからバスに乗るという行程だったと記憶しています。

橋と同じ高さにあるので目線に近い写真を撮れるのが嬉しい!一面の海を見下ろすこともできます。

P1000861
P1000872

また、ウォーキングの出発点もウェルカムセンターになります(所要時間は40〜50分)。

Muniバスを使用すれば目の前で下車できるし、観光ツアーバスも出入りしているので、いつも活気があってにぎやかな場所です。

P1000871 border=

【アクセス方法】
@車(レンタカー)の場合
・ナビに「Golden Gate Bridge Welcome Center」と入力
・ダウンタウンのユニオンスクエアからは約20分
・フィッシャーマンズ・ワーフからは約15分

@公共交通機関の場合
・ダウンタウンのユニオンスクエアからはStockton St & Sutter Stのバス停でMuni30番に乗車し、Van Ness Ave & North Point Stで一旦下車→Muni28番に乗り換え(約40分)
・フィッシャーマンズ・ワーフからはVan Ness Ave & North Point Stのバス停でMuni28番に乗車(約30分)

 

撮影スポット2:Crissy Field & Fort Point(クリッシー・フィールド&フォート・ポイント)

ゴールデンゲートブリッジのふもとにあたるサンフランシスコ湾にある公園「クリッシー・フィールド」

緑の芝生が気持ちよく、目の前には海、見上げると橋と風光明媚な場所で、日本からゲストが来た時にはここへ一緒に行くことが多いです。

さらに奥へ進むと「フォート・ポイント」に到着します(歩いて10〜15分程度)。

クリッシー・フィールドには小さなカフェ兼お土産ショップがあり、サンドイッチやコーヒーといった軽食をいただけるので、こちらで購入して芝生でのんびりランチタイムするのがお決まりのパターン。

ただし、カフェは大変混んでいるので(週末は特に)要注意です。


DSC_3871

お土産ショップはウェルカムセンター同様、橋をモチーフにしたグッズが充実していて、街中では見かけないものも多いのでぜひチェックしてみてください。



お手洗いは備え付けがありますが、簡易お手洗いも設備されているので安心です(これは時期によるかもしれません)。


※2017年9月現在は一部分工事中で立ち入れない場所もあります。

【アクセス方法】
@車(レンタカー)の場合
・ナビにCrissy FieldもしくはFort Pointと入力
・ダウンタウンのユニオンスクエアからは約25分
・フィッシャーマンズ・ワーフからは約15分

@公共交通機関の場合
・ダウンタウンのユニオンスクエアからはStockton St & Sutter Stのバス停からMuni30番乗車→Broderick St & Jefferson Stで下車して徒歩10分(約40分)
・フィッシャーマンズ・ワーフからはColumbus Ave & North Point StからMuni30番乗車→roderick St & Jefferson St下車で徒歩10分、またはVan Ness Ave & North Point StからMuni28番乗車→Richardson Ave & Francisco St下車で徒歩15分(約30分)

@レンタサイクルの場合
フィッシャーマンズ・ワーフにはレンタサイクルがあります。所要時間15分程度。クリッシー・フィールドからウェルカムセンターまで上がる坂道が整備されているので、そのままゴールデン・ゲートブリッジを渡る人も多いようです。

対岸の街・サウサリートまで渡れば帰路はフェリーで戻ることもできるので体力は片道分あればOKです♪

スポンサーリンク

撮影スポット3:Golden Gate View Point(ゴールデン・ゲート・ビューポイント)

ゴールデンゲートブリッジを渡り、サウサリート側から眺める場合に有名な場所はVista Point(ビスタ・ポイント)ですが、観光バスツアーが出入りするポイントでもありいつもめちゃくちゃ渋滞しています。

そこで、わたしは橋を縦に挟んで逆側にあたる(※MAP参照)ゴールデン・ゲート・ビューポイントにいつも行っています。

ちなみに、その手前にあるGolden Gate Bridge Vista Point(ゴールデンゲートブリッジ・ビスタポイント)という展望所もあってそれも含みます。

緩やかなカーブ上の道路が続いていて、ところどころに駐車できるスペースがあります。観光バスが入ってこないのでビスタ・ポイントよりも比較的すいている印象。

ゴールデンゲート・ビューポイントは道路途中の展望所の名称で、さらに上っていくことができます。

上にいけばいくほど見晴らしがいいですが混雑してくるので、いい塩梅で車を停めることが重要。

といいながらも、わたしが訪問する時はとりあえずてっぺんまで向かい、駐車できるかしばらく待ってみて難しそうだったら下るというパターン。ちなみにてっぺんでUターンすることになるのですが、スペースは狭めです。

残念ながら公共交通機関を利用して行くことができないので(橋を渡った地点まではMuniバス30番で行けますが…)、ドライブ必須。道路の途中に一か所お手洗いがあります。

【アクセス方法】
@車(レンタカー)の場合
・ナビにGolden Gate View Pointと入力
・ダウンタウンのユニオンスクエアからは約25分
・フィッシャーマンズ・ワーフからは約15分

 

撮影スポット4:Bay Cruises(サンフランシスコ湾クルーズ)

撮影ポイントの変化球としては、クルーズもおすすめ!フィッシャーマンズ・ワーフから運行しているフェリーはいくつかありますが、運行ルートによってはゴールデンゲートブリッジの真下を通るコースもあります。



穏やかなサンフランシスコ湾を進みながら橋がズンズンと目の前に迫ってくる様は、圧巻の一言。

ぐるりと一周して所要時間は一時間ほどです。途中アルカトラズ島へ接近するルートもあります。

チケットはフィッシャーマンズ・ワーフで購入可能ですが、事前予約もできます。わたしが利用したことがあるのは以下の2社です。

・San Francisoco Bay Ferry(サンフランシスコ・ベイ・フェリー)
・BLUE & GOLD FLEET(ブルー&ゴールド・フィート)

また、オプショナルツアーも種類が幅広く揃っています。海風が強いフェリーの甲板は夏場でも寒いので厚手のアウターをお忘れなく。

旅行会社オプショナルツアー詳細ページ
JTBJTB サンフランシスコ湾クルーズ オプショナルツアー
HISHIS サンフランシスコ湾クルーズ オプショナルツアー
VELTRAVELTRA サンフランシスコ湾クルーズ オプショナルツアー

スポンサーリンク

番外編:Hippy Tree(ヒッピー・ツリー)

距離はずいぶん離れてしまうのですが、実はゴールデンゲートブリッジを眺める場所として一番のお気に入りスポットがここ。Sausalito(サウサリート)からもう少し進んだ海沿いの街・Tibron(ティブロン)にある隠れスポットです。

住宅街がある丘の上にある大きな木にブランコが掛けられていて、そこからゴールデンゲートブリッジを眺めることができます。


上記で紹介したような目の前にドドン!と存在するような迫力はないけれど、周囲豊かな緑や静かな海、美しい青空と相まってなんとも情緒深い景色。

もともと友人がここで撮影した写真をFacebookにあげていて、場所を聞いても頑なに教えてくれず。夫が検索スキルを駆使して調べてくれました。

いざ自分が行ってみると想像以上に素敵なロケーション>で、友人が教えようとしなかった気持ちがなんとなくわかりました。笑

【アクセス方法】
@車(レンタカー)の場合
・ナビにHippy Tree, tiburonと入力
・サンフランシスコからは約40分

穴場なのでナビに表示されないかもしれません。以下詳細です。周囲は住宅街になっていて専用パーキングはありません。空いているところに路駐しました。

出発地最寄りのUS-101 N 入口へ

Marin County の CA-131 E/Tiburon Blvd まで US-101 N を進み、447 で US-101 N を出る

CA-131 E/Tiburon Blvd を進み、 Gilmartin Dr まで行く

 

ティブロンそのものも、こじんまりした綺麗な街です。海沿いに可愛いセレクトショップやシーフードレストランが並んでいて散策におすすめ!

まとめ

見る角度によって印象を変えるゴールデンゲートブリッジ。サンフランシスコ旅行では欠かせない記念撮影スポットです。真正面から、斜めから、下から、遠くから、いろんな表情を切り取ってみてくださいね。

お知らせ

【Twitter】 @mica_clip
【Instagram】@mica_clip
【別ブログ】Edit your Life
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

 
 
  スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. サンフランシスコでショッピングするならまずはここ!Union S…
  2. フルハウスの舞台!アラモ・スクエアから眺めるビクトリアンハウスの…
  3. ツインピークスの訪問レポート!サンフランシスコの街並みを一望する…
  4. こだわりショップ揃い!フェリービルディングはサンフランシスコの魅…
  5. コイト・タワーの訪問レポート!サンフランシスコの街並みと海を一望…
  6. フィッシャーマンズワーフの観光やグルメ総まとめ!訪問者が解説する…
  7. ローカルな日常を味わえる!高台から市内を一望できるミッション・ド…
  8. ロンバード・ストリートはケーブルカーとセットがおすすめ!世界一曲…

管理人


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP