ロサンゼルス

【ロサンゼルス】個性派のショップやレストランが集結したストリート#Melrose Avenue(メルローズ・アベニュー)

DSC_2304+

こんにちは。Mica(@mica_clip)です。

古着屋が密集するストリート「Melrose Ave(メルローズ・アベニュー)」。

左右道路沿いには、ロック、ヒッピー、セクシー(?)など、それぞれの特徴をもつ個性的なお店ばかりが軒を連ねています。 ファッション好きな方々にとっては昔から有名なエリアとなっているようです。

今記事では、そんなメルローズ・アベニューのアクセスや見どころについてまとめました♪

スポンサーリンク

メルローズ・アベニューの場所

広大な土地ゆえ、車(レンタカー)移動が便利なロサンゼルス。メルローズ・アベニューはハリウッド中心地から5分、ビバリーヒルズから15分ぐらいの場所にあります。

メルローズ・アベニューと言っても距離がかなりあるので…一つの通りをどこからどこまで歩けばいいのか…目安となるお店と共に確認したところ、
どうやら「North La Cienega Boulevard(ノース・ラ・シエネガ・ブルバード) 」、「La Burea Avenue(ノース・ブレア・アベニュー)」それぞれとの交差場所が起点もしくは終点となるようです。

脇目も振らずタッタカあるいて、端から端まで40~45分。お店を入ったり出たり、ランチやお茶をしたり…と考えると結構な時間を楽しめます♪

※点線のところがメルローズ・アベニューです。

 

実際に歩いてみました

DSC_2263

とりあえず歩いてみて、気になったら入る、の繰り返し。

モールのような密集したショッピングゾーンとは違って、混み合ってないのがいい。歩いている人もお店に入っている人もまばらな印象。これだけ広いと。

DSC_2302+
DSC_2241+ border=
DSC_2242+ border=DSC_2256+
DSC_2257+
DSC_2303 border=
DSC_2322 border=
DSC_2301
DSC_2331

このストール(?)を帽子にするのがイマドキのおしゃれなのだろうか。

DSC_2261+ border=

店構え(看板)一つ、フォント一つとっても個性がありますね!

DSC_2360+
DSC_2325+ border=
DSC_2326+ border=

およよ!

DSC_2327+ border=

ところどころ、こうやってお店の外に露店風で商品が並べられています。

DSC_2364+ border=
DSC_2243+

レストランやカフェもいっぱいあります♪

DSC_2244+ border=
DSC_2254+
DSC_2253+ border=
DSC_2306+ border=

Urban Outfittersもありました。

DSC_2329+

KANGOL(カンゴール)って懐かしい、と思うのはわたしだけ?

DSC_2332+

どピンクのPaul Smith(ポールスミス)!そういえば、どちらもアメリカのブランドではなく、イギリスのブランドですね。ここは記念撮影の場所としても人気です。

DSC_0482+

誰もいないフルーツ屋台…。カラフル~。

DSC_2330 border=

大和撫子なキティちゃんも見つけました♪

DSC_2334

スポンサーリンク

おすすめのショップ

お店巡りをした中では「ここはよかった!」というショップがいくつかあったのでご紹介しますね。

Global Rebels(グローバル・レベル)

紳士っぽいメンズのシャツやクラシカルなレディスワンピースが充実しているお店です。それもそのはず、コンセプトとして1950〜1970年代ファッションのテイストを取り入れているとのことです。色合いがとてもカラフル!

詳細は以下の記事をどうぞ。

AMERICAN VINTAGE(アメリカン・ビンテージ)

ブーツの品揃えが圧倒的だった古着店。特にウエスタンブーツ!軍服や着物、ウエディングドレスなど個性的な洋服がたくさん陳列してあって、普段使いするにはハードルが高いものの、見物していて面白い商品ばかりでした。

詳細は以下の記事をどうぞ。

Wasteland(ウェイストランド)

サンフランシスコのお隣り、バークレーから始まったヴィンテージショップ。 ロサンゼルス周辺に3店舗の計4店舗を構えているます。メンズ、レディース、シューズにバッグと品揃えが豊かで、リーズナブルです。

詳細は以下の記事をどうぞ。

Crossroads Trading Co.(クロスロード・トレーディング)

良質な古着を取り扱う、全米展開の大型チェーン・ヴィンテージショップです。西海岸・東海岸を中心に32店舗、従業員数375名(2014年11月現在)という規模で古着店の中では大型。ブランド物が多数!

詳細は以下の記事をどうぞ。

Fred Segal(フレッド・シーガル)

ロサンゼルスで50年以上に渡って、独自の世界観や千里眼をもとに流行を発信し続けているセレクトモール(ショップ)です。ファッションやコスメアイテム、インテリア製品などバイヤーによってセレクトされた質の高いアイテムが集います。

詳細は以下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

壁画も見応えがあり

通りを歩いていると目にとまるのが個性的な壁画の数々!こういうところで写真撮影できると、今で言うところの「インスタ映え」が期待できますねー♪

DSC_2305+
DSC_2363+

これは、毎月書き直しているのかなぁ…すごい!

DSC_2333

まとめ

往復すると、すっかりクタクタになってしまいます。細かく見ていき、ランチや休憩を取っていると丸一日はかかるほどの充実っぷりです。春~秋は気温が高いので要・水分補給!

ちなみに、通りから1ブロック入ると閑静な住宅街です(場所によります)。アメリカっぽい大きなおうちが並んでいて、優雅な雰囲気です。

DSC_2367+

その他のおすすめショッピングエリアはこちらもどうぞ。




お知らせ

【Twitter】 @mica_clip
【Instagram】@mica_clip

 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

 
 
  スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 【ロサンゼルス】有名人セレブも通う大人気の家庭料理カフェ #JO…
  2. 【国内4店舗のみ】質よし・品揃えよしのヴィンテージショップ #W…
  3. 【ロサンゼルス】高級ブランドやコスメショップも楽しめる自然いっぱ…
  4. 【ロサンゼルス】テナント数200超え!カジュアルからハイブランド…
  5. 【ロサンゼルス】ファーマーズマーケットが併設された人気ブランド店…
  6. 【ロサンゼルス】多彩なシャツが味わい深いセレクトショップ @メル…
  7. 【ロサンゼルス】サンタモニカ最大のショッピングストリート #3r…
  8. 【ロサンゼルス】ロンハーマン本店も!日本でも大人気のセレクトモー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人


 

「SF CLIP」は、在米歴8年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(Mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP