♥ショッピング

【検証】アメリカで使ってみた!シャンプーまとめ&おすすめランキング

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s

最近、立て続けに「その道のプロ」の発言を聞いて、やっぱりそうなのか…と感じていることが「日本人は髪の毛を洗い過ぎ」という一説。アメリカ生活において、シャンプーの回数はどれぐらいがベストなのか?また、これまで使用したシャンプーの使用感などをまとめてみました。

スポンサーリンク

髪を洗う頻度について

お友達(日本人)のお義母様(アメリカ人)が、長年クリニークの本社で働いているそうなのですが、仕事柄、美容にとっても詳しいお義母様によると「髪の毛を洗うのは、2日に1回で充分!」なんだそうです。毎日洗うと、頭皮がかなり乾燥してしまって、髪の毛よくないんだとか。

たしかにヨーロッパ地域でも、3日に1回、一週間に1回とか言いますよね。

髪の保湿も顔と同じく念入りに

顔は保湿や日焼け対策など、念入りにケアされているにもかかわらず、同じ皮膚一枚でつながった頭皮は、案外気にされていないことが多いとのこと。

こちらでお世話になっている美容師さんも、カリフォルニアは乾燥してるしアメリカのシャンプーは洗浄力が強いから、できればオーガニックで2日に1回の洗髪がいいよ、と仰っていました。

なるべくオーガニック、ナチュラルなヘアケアを心がけているものの、時々はそれ以外のものも使用して様子を見ています。下記は、アメリカで使用したシャンプーの使用感をまとめたものです。

現在使っているブランド

以下にこれまで使ったシャンプーをまとめていますが、結論として今はPantene(パンテーン)のライン使いをしています。

Pantene(パンテーン)

日本でも、おなじみのヘアケアブランドとして長年確立されていますよね。元はスイス生まれ、現在はなんと200カ国以上で販売しているそうです。

しっとりめの仕上がり。アメリカに来たばかりの頃一年ぐらい使用していて、数年の時を経て最近また使い始めました。

ちなみにわたしの髪質の悩みは、

めちゃくちゃ細い
パサつき乾燥
くせ毛
毛先が痛んで絡む

というものです。

オーガニック、ナチュラルという訳でもなくシャンプーとコンディショナー自体は可もなく不可もなくと行った使い心地なんですが、わたしのお気に入りは「3MINUTEトリートメント」と「OVERNIGHTリペア」シリーズ!

3MINUTEトリートメントはその名の通り、シャンプーしたらコンディショナー代わりとして使用して分間放置、そのまま流します。

OVERNIGHTリペアは洗い流さないタイプのトリートメントで、1〜2プッシュ毛先につけて髪を乾かし、そのまま寝ます。

クシ通りも悪く、洗い上がりから絡んで朝起きたらひどい状態だった髪ですが、まずドライヤー仕上げ後が全然違う!ツルツルのサラサラ。一晩経ってもその状態は続いています♪

オーガニック・ナチュラルなブランド

Giovanni(ジョバンニ)

日本でもコスメキッチンが取り扱っていて、すでに認知度が高くなっているブランド。様々な種類がありますが、空気が乾燥しているアメリカでは「Ultra-Moist With Avocado And Olive Oil」がおすすめ。アボカド、オリーブオイルの成分配合。何より香りが好き。爽やか。

オーガニックスーパーでも販売されているジョバンニは「自然化粧品」の先駆けとも言われていて、現在も植物の効果研究が続けられていることからも安心できます。

シャンプーも好きだけど、朝のスタイリングでずっと使い続けているセラムも好き。髪にツヤが出るのでおすすめ!

Nature’s Gate(ネイチャーズゲート)

カリフォルニア州でオーガニック・ナチュラル化粧品の研究を長年続けているメーカーが出しているブランドです。パラベンなどの保存料、合成着色料、シリコン、ポリマーを一切排除!

洗いあがりが少しキシキシしましたが、それは余分な成分が入っていない証拠。パサつくことがなく、全体的に髪が落ち着いてくれます。いま、同じブランドのボディシャンプーも使っています。

日本でも展開しているブランド

アメリカに来たばかりの頃は、まったく未知数のものを使うのが怖かったので、日本でも展開されているブランドばかりを攻めていました。国々によって髪質が異なることもあり、仕様は変えられていますが、概ね合うことが多かったです(可もなく不可もなく)。

DOVE(ダブ)

アメリカに来て初めて使ったのがこれでした。世界30カ国以上で販売されているブランド。保湿力があるイメージがあります。ちなみにボディクリームもあり。

結果、スキンケア商品は物足りないと感じることが多かったのですが、シャンプー&コンディショナーはアメリカの商品の中で「使える」と思いました。

L’Oreal Paris(ロレアル・パリス)

冒険せずに一年ほどパンテーンを使用していた頃、ふと友達に「何のシャンプー使ってる?」と聞いたとき、教えてもらったのがロレアルでした。

その名の通りフランス発の有名ブランド。どちらかというとコスメの印象が強かったのですが、使ったら意外によかったのでパンテーンから乗り換え、2年ぐらい使ってました。

VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)

何となく浮気をしてみたヴィダルサスーン。知り合いがおすすめしていたので、ドラッグストアで探してみたところ…隅のほうに置いてありました。しかも上記ブランドの半額!

高校時代に流行っていたので懐かしいし、当時香りが好きだったので使ってみよーと購入。しかし!これまでの中で一番合いませんでした。パサパサになってしまった。合うか合わないか、髪質によるんだと思います。

Herbal Essence(ハーバル・エッセンス)

日本でもP&Gが販売しているブランド(使ったことなかった)。爽やかな香り〜なのですが、なんせキシキシします…。特に洗い流し時。

仕上がりはそんなに悪くないし、周りには使っている人もちらほらいるので、私の髪質(細い・乾燥・クセ毛)に合わないのかもしれません。

アメリカで初めて見たブランド

日本でも展開されているブランドを一通り試して見て、しばらくすると飽きてきたので、他にも色々試して見ました。

GARNIER FRUCTIS(ガーニア・フラクティス)

ドラッグストアで見かけて良い香りだったので購入してみました。黄緑が好きで、良い香りですが、その分香料が強そう…成分にオイルが含まれているので仕上がりに割とツヤも出たのは良いポイント。

好きだった香りがいずれ「人工的すぎる」と受け付けなくなり、シャンプーの泡立ちもあんまり良くないので、1〜2度使用しただけでした。

OGX(オージーエックス)

「アルガンオイル配合」という謳い文句に誘惑され、今でも時々買っています。他の種類はイマイチだったんですが、ブルーパッケージの「Moroccan Argan Oil」は、すこーしパサつくけど、サラサラ仕上がり。

先にオイルをつけたら問題ないです。ドラッグストアで一本8ドル程度で購入できるので、うっかりシャンプー切らした時などに買っています。

お試しに最適サンプルサイズ

海外のブランドは、髪質により合うもの合わないものがきっぱり分かれそうなので、まずは小さいボトルからトライするのが賢そうです。

オーガニックスーパーでも、ドラッグストアでも、一部の商品にはなりますがトラベル用のサイズが販売されているので、わたしはまずサンプルで試すことにしています。良かったものは現品購入!

ちなみにお風呂上がり、毛先だけココナッツオイルをつけています。まとまりもよくなっていい感じです。

同カテゴリ記事

【アメリカ生活】化粧水や乳液って何使ってます?悩ましきフェイス用スキンケア問題

【アメリカ生活】メイク落としは拭き取りタイプが主流?悩ましきクレンジング問題

【アメリカ生活】スキンケア製品ですっかり買わなくなったものと逆に買うようになったもの

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @mica_sfclip
【Instagram】気まぐれに更新しています→ @mica_sfclip
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【全米展開】お土産にエコバッグが人気!の米オーガニックスーパー …
  2. 【現地からお届け】美容アイテムの宝庫!ホールフーズでチェックした…
  3. 【サンフランシスコ他】キュートな雑貨が盛りだくさん!古着も取り扱…
  4. 【ロサンゼルス】個性派のショップやレストランが集結したストリート…
  5. 【日本未上陸】イニシャル・マグカップで有名なカラフル雑貨店 #A…
  6. 【パロアルト他】オリーブオイルBARは必見!家族経営のオーガニッ…
  7. 【日本未上陸】シンプル+ひとひねり!大人カジュアルで大人気のブラ…
  8. 【ロサンゼルス】ロンハーマン本店も!日本でも大人気のセレクトモー…

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP