英語学習

【英語の勉強】わかりやすい!安い!英語ビギナー用の英英辞書を買いました #Oxford American Dictionary(オックスフォード・アメリカ英語辞書)

IMG_2207

今更ながら英英辞書を買いました。

ネットでもアプリでも単語は調べられるけど、遅ればせながら、本腰入れて英語力を身につけようとしている今、手元でササッと開けるものが欲しくて。

選んだのはこちらです。オックスフォード大学出版局が出している「アメリカ英語(米語)」辞書。大御所と呼ばれている(らしい)。

eeebc8b2-s

パラパラめくって、「おぉ!これは!」と思いました。

英英辞書はとっつきにくそうなイメージがありましたが、解説英文がカンタンな単語と文法で構成されているので、日本語と近いスピードでスッと入ってきます。

※ときどき、英英辞書でありがちな、解説英文に使われている単語をさらに引く、みたいなこともありますが…

それもそのはず、表紙をよく見てみると「for learners of English」の文字が。名前の通り、英語学習者のための、英英辞書なんですねー。

単語の解説と、例文。同じ単語で2つ以上の意味があるものは「1」「2」と番号が振ってあります。あと、「重要単語3000」と言われているものは赤文字となっています。

IMG_2307

しかも、15ドルぐらい。安ーい!その分、表紙は加工も何もなく、日本の辞書みたいにツルツル立派じゃないけど。

他に「Basic」、「Advanced」とレベルがあるようで、今回買ったグリーン色の辞書は、単語数、ページ数ともに、BasicとAdvancedの間という位置付けの様子。

Basic:2700語/519ページ、黄緑色:4200語/852ページ、であるのに対してAdvancedは145000語/1736ページという、いきなりの大ボリューム(しかも大きめ)。今のところ「探している単語がない」ということはないので、日常会話メインのビギナーには、グリーン色(他に言い方ないのか)で十分です。

もし欲しい方がいらっしゃいましたら、実際に単語を調べてみて他の辞書と比較して決めるのがよいかと。辞書は相性が大事らしいです。受け売りです。

他、有名どころといえば「ロングマン」でしょうか?

辞書はアメリカの大型書店「Barnes&Nobleで探しました。

店内はとにかく広くて、絵本も雑誌も、本なら何でも揃うといったかんじ。紀伊国屋やジュンク堂書店、一部のTUSTAYAみたいに読書スペース(?)があったりスタバがあったり。自習スペースとして活用している方がたくさんいます。

カップにはBarnes&Nobleの名前入り。

07429cf7

「BOOK BAG」も可愛いな。

IMG_0043

買って満足、という状態からは抜け出さなきゃ…。




お知らせ

【Twitter】 @mica_clip
【Instagram】@mica_clip
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

 
 
  スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. アメリカのテレビ番組表の見方と日本のテレビを見る方法
  2. 【ホールフーズmemo】ほんのりツヤが出る♪原料にこだわったカリ…
  3. 【アメリカ妊娠日記-4】産婦人科で初診と子宮頸がん検査、クラミジ…
  4. 【アメリカ妊娠日記-17】Infant Car Seat?Con…
  5. 【英語の勉強】海外生活(アメリカ)において確実に「効果を感じた」…
  6. おみやげにもおすすめ!食べ始めると止まらない果実チョコ #BRO…
  7. 【ホールフーズmemo】サンフランシスコのローカルブランドとコラ…
  8. XmasシーズンのLA旅行と年末年始ガールズトーク♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人


 

「SF CLIP」は、在米歴8年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(Mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP