アメリカ生活全般

【アメリカ妊娠日記-7】スクリーニング検査(出生前診断)で精密エコー(12週3日)

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

予約していた「El Camino Hospital」へ。

妊婦さんが4〜5人待っていて、みんな旦那さん同伴。ここではかなり待たされました。予約時間から30分以上!これぞ、アメリカ式アポイントメント。ようやく呼ばれたかと思いきや、体重測定、血圧測定をして、また待合室に戻される始末…。

いざ、本番(?)。
個室に通され、部屋は電気を消してまっくらに!【経腹エコー】で洋服は着たまま、ボトムスと下着をずらすのみ。30分ぐらいかけて、器具でお腹をグリグリ、グリグリ。胎児をいろんな角度から見ていきます。ドクターが見るモニターと、ベッドから見える位置にもスクリーンがあったので、一緒に楽しめてよかったです。「これが脳」「これが手」「これが足」…胎児のサイズと首の浮腫を図ります。ダウン症かどうかの判断はこの浮腫のサイズが大きく影響するそうです。

ニコニコと愛想よく説明してくれるドクター。「CUTE!」と言われて嬉しさがこみ上げてくる。まだ胎動も感じないし、つわりもほとんどなかったのでピンときてなかったけど、お腹に人間がいるんだなぁ…と不思議な気持ち(*´Д`*)

この精密エコーでは3Dも見せてくれました。目や鼻の様子はわかるけど、まだぺったんこで地球外生命体のようだ(←おい)。「性別分かる?」って聞いたら、このタイミングだと正確には分からないけど「70%の確率で男の子だ」とのこと♪「でもまだ男の子の洋服やおもちゃは買わないでね!」だって。おちゃめ。

終了後は、別のドクターより結果に関して説明があるとのことで、ドキドキして待ちます。

この精密エコーは、前回の血液検査の結果も含めて、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症)に関しての確率を測るものですが、結果として、年齢の平均値よりかなり低い数値でした。羊水検査を受けるまでもなく一安心。最後に写真が入ったCDをいただきました。高い数値だったらどうしたのか?という答えは未だにハッキリは出せませんが、頑張って生きている赤ちゃんの姿を見れたことで「母になるんだ」という実感が得られたのはよかったと思います。

ちなみにこの時点でまだ出血は続いていました。

【アメリカ妊娠日記-8】につづく…。

お知らせ

【Twitter】 @sfclip_2014
【Instagram】@sfclip_2014
【別ブログ】Edit your Life
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. スキンケア製品ですっかり買わなくなったものと逆に買うようになった…
  2. 【アメリカ妊娠日記-4】産婦人科で初診と子宮頸がん検査、クラミジ…
  3. 【アメリカ妊娠日記-15】妊娠後期の検診・1回目と想定外の後期エ…
  4. スーパーで購入できるCOLD BREW COFFEE(コールドブ…
  5. アメリカで購入した「キロ表示」体重計 #Fitbit Aria
  6. 【アメリカ出産日記-5】子宮口全開〜プッシュ(いきみ)スタート …
  7. 【アメリカ妊娠日記-8】妊娠初期の検診・3回目と子宮頸がん再検査…
  8. アメリカで愛用しているネイルリムーバーとマニキュア

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP