アメリカ生活全般

【アメリカ妊娠日記-14】引越しに伴う病院のトランスファーと子宮頸がんの経過観察(31週5日)

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

妊娠初期からずっと通い続けていたPalo Alto Medical Foundationのマウンテンビューoffice。自宅から車で20分ぐらいの距離だったのですが、40分ぐらいの距離へ引っ越すことになりました。どうやら新しい自宅は同じPalo Alto Medical Foundationのロスガトスofficeのほうが近いようで。

散々迷って、ドクターにも相談したら「マウンテンビューまで1時間以上かけて来ている人もいるよ」とのことで一度はそのままお世話になることにしたのですが、妊娠後期に入ると毎週通わなきゃいけないし、何かあった時のために出来ることなら病院は近いに越したことはない、と。そこで、トランスファーすることにしました。

【妊婦検診】Palo Alto Medical Foundation(マウンテンビュー)
【出産】 El Camino Hospital(マウンテンビュー)

【妊婦検診】Palo Alto Medical Foundation(ロスガトス)
【出産】 Good Samaritan Hospital(サンノゼ)

※出産する病院に選択権はなく、このofficeで診てもらうならここで産む、みたいな感じで決まっています。

もっとややこしい手続きが必要なのかなと思っていたけど、何てことなし。マウンテンビューofficeでずっとお世話になっていたドクターから「おすすめのドクターがいるよ」と紹介を受け、ドクター間でデータを転送して、終了。

妊娠後期に入るタイミングでEl Camino Hospitalへの申し込み資料をもらっていたのですが、それはそのまま使うこともなく、Good Samaritan Hospitalへオンラインから申し込みを済ませました。
トランスファー先の病院は自宅から車で5分の場所。いざという時は自分で車を運転していけるぐらいで検診に通うのも楽ちん。ずっと診てもらっていたドクターとさよならするのは寂しかったけど、実際の出産にはシフトが合わない限り立ち会えってもらえないので、まぁいっかと自分を納得させた次第

マウンテンビューoffice最後の診察では、子宮頸がん検査の経過観察として、器具を用いての細胞グリグリがありました。流れはこの回と同じ→

もう本当に死ぬほど嫌い…これ…(;´Д`)こんなに突っ込んでグリグリして、胎児は大丈夫なの!?頭突かれてない!?と心配になるほど。そして出血アゲイン。出産後の検査はもっと痛いという話を聞くけど、耐えられるのだろうか…凹。

【アメリカ妊娠日記-15】につづく…。

お知らせ

【Twitter】 @mica_clip
【Instagram】@mica_clip
【別ブログ】Edit your Life
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. COSTCO(コスコ)のおすすめ商品と今回購入したオオモノの件
  2. 【アメリカ妊娠日記-1】妊娠発覚〜ファミリードクター訪問
  3. サンノゼの街を見下ろす異空間のエリア@Communication…
  4. 【アメリカ出産日記-5】子宮口全開〜プッシュ(いきみ)スタート …
  5. ラスベガスで新年早々「トップレス・ショー」を観た #JUBILE…
  6. 【アメリカ妊娠日記-20】妊娠後期(臨月)の検診・2〜5回目(3…
  7. おみやげにもおすすめ!食べ始めると止まらない果実チョコ #BRO…
  8. アメリカ版ダイソー「DOLLER TREE(ダラーツリー)」に初…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP