アメリカ生活全般

【アメリカ妊娠日記-15】妊娠後期の検診・1回目と想定外の後期エコー(32週5日)

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

妊娠後期の検診はトランスファー先のロスガトスofficeにて。

診察の流れはほぼ同じ。受付後、ナースに呼ばれたら体重測定、血圧測定、腹痛と出血の確認。

ドクターに交代して「何か変わったことある?」の質疑応答。お腹のサイズ測定、心拍確認。新しいドクターもケラケラ笑うとっても良い人で安心(´∀`*)

初めてここで検診を受けた際に「お腹が基準より小さいから胎児も小さいかも」ということで、次回の検診時に合わせてエコーの予約をするよう指示を受けました。基本的に問題がないとそのまま出産までいくケースがほとんどらしいですが、問題がある(かもしれない)場合は、ちゃんとエコーで確認して診くれます。

そして後日。
ロスガトスofficeは2階建てで、診察室は2階、エコー室は1階。まずはエコー室へ。妊娠中期の胎児エコーと同じように【経腹エコー】で、ボトムスも履いたままズラすだけ。お腹に器具をあてて、ドクターがモニターとにらめっこしながら進めていきます。その間、無言で過ごすわたし(と、夫)。

これまでも「小さいね」と言われ続けてきましたが、あくまでも標準内で小さいほうという話だったけれど、成長が止まっているのでは…?と、ドキドキ。ここではエコーをするだけで、結果は診察を受けているドクターからということで、終了後は診察室へGO。

結果的に、赤ちゃんは成長し続けているし、エコーで診てみるとサイズも問題なかったようです。「あなたが小さいんだから、ベビーも小さくて当然よ〜この問題に関してはもう心配いらないよっ」と豪快に言われて、問題解決。 

ドキドキしたけど、思いがけずベビーの姿が見れてHAPPY♪腕、足、またもやシンボルはバッチリ見えましたがお顔は見えなかった、残念(・ε・)

【アメリカ妊娠日記-16】につづく…。

お知らせ

【Twitter】小ネタつぶやき始めました→ @sfclip_2014
【Instagram】気まぐれに更新しています→ @sfclip_2014
オンラインショップ
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 【アメリカ妊娠日記-7】スクリーニング検査(出生前診断)で精密エ…
  2. ラスベガスで新年早々「トップレス・ショー」を観た #JUBILE…
  3. 【ホールフーズmemo】ほんのりツヤが出る♪原料にこだわったカリ…
  4. 【英語の勉強】わかりやすい!安い!英語ビギナー用の英英辞書を買い…
  5. サンノゼの街を見下ろす異空間のエリア@Communication…
  6. 【アメリカ出産日記-1】午後11時過ぎの破水〜入院手続き at …
  7. 【アメリカ妊娠日記-18】最終的に購入したTravel Syst…
  8. 【ホールフーズmemo】肌がつるつるに♪敏感肌でも使える量り売り…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP