アメリカ生活全般

【アメリカ妊娠日記-20】妊娠後期(臨月)の検診・2〜5回目(35週6日〜38週5日)

895a3b71917b23923970d5849c76feae_s

臨月に入ってから、検診が週に1回になりました。

診察の流れはほぼ同じ。受付後、ナースに呼ばれたら体重測定、血圧測定、腹痛と出血の確認。

ドクターに交代して「何か変わったことある?」の質疑応答。お腹のサイズ測定、心拍確認。臨月からは子宮口のチェックが追加。下半身すっぽんぽんになり、診察台に寝てドクターの触診グリグリ。

【35週6日】
臨月より1日早いという段階で、なんと子宮口3センチ開!ドクターも思わず「Wow」と声が出て笑っていました。今夜にでも産まれてもおかしくないらしい。正産期は37週〜なので早産ということに…。大丈夫なサイズには育っているけど、一週間ぐらいはNICU(Neonatal Intensive Care Unitの略=新生児の集中治療室)に入らなければならないと言われて焦りました。ひぃー。

お腹に「もう少しここにいてね」と話しかけ続け、出てきてしまっては困るので、ろくに外出もできない日々の始まり、始まり。

【36週5日】
からの、 再び検診。なんとか一週間もった!子宮口は3.5センチ開。あと2日で正産期。もう少し、がんばれ、がんばれー。

【37週5日】
からの、再び検診。正産期に入って一安心。子宮口は4センチ開。ネットで調べたところ、本格的な陣痛が始まってもおかしくないらしい。お腹のハリはしょっちゅうあるけど、これは前々からだったので何とも言えない感じ。

【38週5日】
からの、再び検診。早産か!?と言われて早3週間…なんとお騒がせな。子宮口は相変わらず4センチ開。ドクターに「また会うことになったね」とケラケラ笑われる。3週間前からこれで最後かもね、なんて話していたので…。

いつ陣痛が始まるのか…もう準備万端ですよ。ドキドキの毎日を過ごしていました♪

【アメリカ妊娠日記-21】につづく…。

お知らせ

【Twitter】 @mica_clip
【Instagram】@mica_clip
【別ブログ】Edit your Life
 

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

 
 
  スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 【アメリカ妊娠日記-7】スクリーニング検査(出生前診断)で精密エ…
  2. 【英語の勉強】はじめて日本マンガのEnglishバージョンを買っ…
  3. 【ホールフーズmemo】ネバネバ感もしっかり残るオクラまるごとス…
  4. 【ホールフーズmemo】ほんのりツヤが出る♪原料にこだわったカリ…
  5. 【スキンケア問題】メイク落としは拭き取りタイプが主流?悩ましきク…
  6. 【トレジョーmemo】バニラの配分にこだわりアリ!の小さな果実ア…
  7. 【トレジョーmemo】そんじょそこらのベーカリーよりおいしい冷凍…
  8. 【アメリカ出産日記-2】微弱陣痛〜抗生物質の投与 at Good…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP