キャンベル

【キャンベル】新鮮な牡蠣をハッピーアワー価格でいただけるオイスターバー #Forthright Oyster Bar & Kitchen(フォースライト・オイスターバー・キッチン)

・Forthright Oyster Bar & Kitchen
サンノゼ界隈で一番新鮮な牡蠣を提供していると評判のオイスターバー。独自性を取り入れた定番シーフード料理が自慢。洗練された店内に質の高いサービスでリピーター多数。ハッピーアワーは、月・火のみ4:00-5:30PM。水〜日は4:00-5:30PM。

スポンサーリンク

こんにちは。mica(@mica_clip)です。

ひー。気付けば5ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。

何してたんだろう…ブログ書く時間がないぐらい必死に生きていたのは間違い無いんだけれど。あと日本へ二ヶ月ほど帰っていました。

「読んでるよー」「更新してないねー」という声をちらほらいただき。この空白の5ヶ月を経てもなお、読者の4割近くはリピーターさんなんです(アナリティクス調べ)。

少しでも楽しみに待っててくださる方がいるなら、と再び書き始めた次第。また気が向いたら覗いてやってください…。

んで。

年末から日本にいて、先月末にアメリカへ戻ってきたんですが、食べたいものと言えばやっぱりシーフードでした。クラムチャウダーとかオイスターとか。

自宅から車で10分ぐらいの場所に評判のいいオイスターバーがあるとのことで、早速訪れることに。

週末は2:00PM〜5:30PMがハッピーアワー。遅めのランチにも関わらず、店内は写真も撮れないほどに賑わっていました。おすすめの牡蠣を黒板ボードでチェック。

レモネードとアイスティーという健全なドリンクで乾杯。

おつまみのフレンチフライはキッズメニューからチョイス。ロッテリアのふるポテのように、まわりに秘密の粉(?)がついていて、止まらない美味しさでした。

ふるポテの正式名称を調べようと検索したら、今もうないんですね。知らんかった。

■OYSTER PAN ROAST(11ドル)
トーストの上に牡蠣とベーコンがのって、さらにクリームソースがかかったおしゃれなやつ(語彙)。食感の組み合わせが面白い。濃厚クリームが相性ばっちり。

■BUTTER ROASTED OYSTERS(10ドル)
バター、ロースト、さらに説明文にはガーリックの文字。これは絶対頼むでしょう。ぷりんとした牡蠣に溶けた熱々のバター。この組み合わせ最強。

■CUP OF CHOWDER(6ドル)
クラムチャウダー恋しかったんだ。味付けしっかり、舌触りこっくりで、あさり、セロリ、コーンがゴロゴロと。この辺りでいただくクラムチャウダーの中ではヒット!

■OYSTER ON THE HALF SHELL(1.5ドル/1個 )
シェフおすすめの生牡蠣。正直、どの産地の何がおいしいとかサッパリわからないので、とにかく直感を信じるかつおすすめされるがままに。

つるつるん。生臭さなし。おっけー。二人だと、ものの10分ほどで食べ終えました。この2倍はいける(お腹壊しそうなのでやめた)。1個1.5ドルなので、12個だと全部で18ドル。これはありなんじゃないかと思うのだけれど、いかがでしょう?

アメリカにカムバック後、初のシーフードは大満足でした。時差ボケでふらふらだったのに、おいしいもの食べるって元気でる。

どうやらここ以外にも近所にオイスターバーはあるようなので、攻めていきたいと思います。

あー久しぶりのブログは楽しいな。がんばって更新するぞ(毎回言ってる)。

アクセス情報

Forthright Oyster Bar & Kitchen/(408)-628-0683
1700 W Campbell Ave Campbell CA 95008
Forthright Oyster Bar & Kitchen(公式HP)

 
 
  スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 【キャンベル他】シンプルな具材でいただくボリューム満点のシカゴピ…
  2. 【キャンベル】早朝6時オープンの地元人で賑わうカフェ #Orch…
  3. 【キャンベル】素材の味を活かした家庭的なレシピが絶妙な隠れ家イタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP