基本知識

サンフランシスコ旅行に必要な持ち物は?海外だからこそ用意しておきたい必須アイテム

サンフランシスコへ旅行するなら準備しておきたい持ち物リストを考えてみました。

街中のショッピングモールやスーパーへ行けば、たいていのものは手に入れられますが、やはり海外製はサイズだったり、使われている成分だったりが異なるので日本から持参がベター!

実際に訪れた経験をふまえて必要なものをリストアップしています。

スポンサーリンク

スニーカー

海外旅行全般に言えることですが、歩きやすいものを履くのが一番。特にサンフランシスコは坂が多いためスニーカーが必須です。

公共交通機関が発達しているので、電車やバス、名物ケーブルカーで散策することができます。ここでもスニーカーの出番!履き慣れたものを使用しましょう。

もしくは足が痛くならないぺたんこタイプがおすすめです。


【楽天市場】日本製/全4色/プレミアムソフトバレエシューズスムース/楽天ランキング入賞

厚手の上着

北カリフォルニアに位置するサンフランシスコは別名「霧の街」とも言われていて、とくに夏に霧が多く発生する傾向にあります。そのため、夏場に思いがけず寒くなることも!
季節問わず、ジャケットやカーディガンなど羽織りものがあると心強いです。

ゴールデンゲートブリッジやフィッシャーマンズワーフは海沿いの観光になるので天候によっては風が冷たく感じます。


【楽天市場】ざっくりニットカーディガン/全4色/送料無料

サンフランシスコの天候や服装に関しては以下の記事も参考にどうぞ。

折りたたみ式パーカー

前述した厚手の上着と同じ理由ですが、ユニクロのライトダウンなど、バッグにしのばせておける折りたたみ式パーカーは一つあると便利です。

朝は晴れて暖かったのに夕方にかけて雲が広がり肌寒くなるなど、気温の変化はしょっちゅう。

たくさんのブランドから旅行用として重宝する折りたたみ式が発売されています。ちなみにユニクロはアメリカでも展開されていて、中心地となるダウンタウンのユニオンスクエアそばに店舗があります。


【楽天市場】フード付きロングダウンジャケット/折りたたみ

スポンサーリンク

サングラス

なんとなく日本では日常使いするのにハードルが高い(というか限られた人しか使用していない)印象のサングラスですが、紫外線が強力なサンフランシスコではマストアイテム!

目の日焼けは眼球にシミを作るだけでなく、眼病のもとになるとも言われています。

と言いつつ、わたしもなかなか徹底できてないのですが…。車の運転時も思ったより目は紫外線を浴びているそうなのでお気をつけくださいね。


【楽天市場】偏光サングラス/UVカットPY-LADY 13/レディース

帽子

同じく紫外線対策。頭皮に与えるダメージは意外と大きいです。くもりだからといって油断していると、いつのまにか髪の分け目が真っ赤っかに!しかもなかなか治りません。

できれば顔まで隠れるようなツバが大きいタイプがおすすめ。

日本で女性の使用率が高い日傘は、サンフランシスコではほとんど見かけません。もちろん使用は個人の自由ですが、晴れた日に傘を差していると不思議がられるかも?


【楽天市場】UVカット帽子/機能的キャスケット/紫外線100%カット/楽天ランキング入賞

日焼け止め

こちらも引き続き紫外線対策。世代、性別問わず日焼け止めは必要不可欠です。塗り忘れると確実にがっつり焼けます!

アメリカでもドラッグストアやスーパーで購入できますが、あんまり伸びがよくないんですよね…。

ホールフーズなどオーガニックスーパーでは原料にこだわった肌に優しい日焼け止めを見つけることができます。


【楽天市場】日焼け止め/SPF50+ PA++++/日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ/美容液成分67.5%

スポンサーリンク

保湿アイテム

サンフランシスコを含む西海岸は特に乾燥が強く、肌も髪もパサパサになりがち。外の空気もそうですが、ホテルの室内も同様です。

普段使っているスキンケアセットはもちろん、シートパックやミスト化粧水などプラスで保湿できるアイテムがあると安心!

なお、アメリカには化粧水という文化が乏しく、保湿といえばセラムやオイルが多いです。化粧水は日本から持参するようにしてくださいね。


【楽天市場】オススメ10種・選べる10種シートマスク100枚/マスクパックMIJIN

パスポート入れ

治安が悪い場所はもちろん、比較的良いとされる場所でもスリは日常茶飯事。そのため貴重品管理には気を付けなければなりません。

レストランやショップで身分証明書の提示を求められることも多いので、パスポートは財布とともに肌身離さず持っておきたいところ。

おすすめはシークレットケースの利用です。上着の中に隠せるので「気付かないうちにスラれてた!」という事態を避けることができます。

サンフランシスコ領事館に寄せられる日本人被害報告の多くがスリか車上荒しだそうです。


【楽天市場】OUTDOOR海外旅行用品/首下げ貴重品ケース/セキュリティケース/パスポートケース

サンフランシスコの治安に関しては以下の記事も参考にどうぞ。

シャツ・ワンピース

サンフランシスコにあるレストランの中にはドレスコードがあるところも多いので、綺麗めのお洋服が一着あると万が一に備えることができます(特に高級店)。

土地柄カジュアルな服装の人が多いのですが、アメリカ人はメリハリをつけるのが上手く、ここぞというときにはバシッとオシャレする傾向にあります。

ホテルのバーなどもドレスコードをもうけている場合があるので、利用前にお客さんを観察してみてください!

日本から持ち運びするならシワになりにくいタイプを選びたいですね。


【楽天市場】セシールVネックスキッパーワンピース/シワになりにくい/接触冷感機能付き

スポンサーリンク

まとめ

一番サンフランシスコらしいのは、意外と夏でも上着が必要という部分でしょうか。

(1)変わりやすい天候や気温に対応するお洋服
(2)強烈な紫外線をカバーする日焼け対策
(3)慎重すぎるぐらいがちょうどいい貴重品管理

以上の3つを考慮して旅行・観光の準備をしてみてくださいね♪

お知らせ

【Twitter】 @sfclip_2014
【Instagram】 @sfclip_2014
【別ブログ】Edit your Life
お問い合わせフォーム

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. サンフランシスコ旅行で準備したい!おすすめの海外旅行保険とクレジ…
  2. 在住歴12年のライターが語る!サンフランシスコの治安(エリア別情…
  3. 日本とサンフランシスコの時差はどれぐらい?計算方法とポイントを解…
  4. 在住歴12年のライターが語る!サンフランシスコの天気と服装を季節…

コメント

    • umep
    • 2018年 5月 06日

    micaさんこんにちは、今カリフォルニアに来ています。
    土曜日のサンフランシスコはコート、マフラーが欲しくなるほど寒かったのですが、日曜日のalamedaのアンティークフェアではサンダルでも良いくらいの気持ちの良い気候でした。

      • mica
      • 2018年 5月 10日

      >umepさん
      お久しぶりです。コメントありがとうございますー!サンフランシスコは本当に気温の予測がつかないですよね^^;Alamedaのアンティークフェア未訪問なので行ってみたいです♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP