基本知識

サンフランシスコ旅行で準備したい!おすすめの海外旅行保険とクレジットカードを一挙ご紹介

海外旅行をする時に必ず準備しておきたいのが「海外旅行保険」と「海外用クレジットカード」。どんなものを選んだらいいのか、種類も多く何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

万が一の時に補償が手厚く、サポート内容に満足できる海外旅行保険を選んでおきたいもの。

わたしが初めて渡米したときは保険代理店を介して海外旅行保険を申し込みましたが、短期滞在であればクレジットカードに付帯しているサービス(補償額の大きさやサポート体制)を考慮して万が一に備えている人も多いようです。

今記事では、主に観光や出張でサンフランシスコを訪れる方の参考になるように、定番の海外旅行保険や海外旅行におすすめのクレジットカード情報をまとめました。

スポンサーリンク

おすすめの海外旅行保険5選

海外旅行保険の中でもおすすめのベスト5をご紹介します。それぞれの特徴や外せないポイントから比較してみましょう。

AIG海外旅行保険(旧AIU)

保険会社…AIG損害保険株式会社
申込期日…旅行当日~60日前
保険期間…観光の場合は6ヶ月/その他1年
加入年齢…満69歳以下であること
申込方法…24時間
支払…クレジットカード

特徴
世界55箇所の医療機関で自己負担無く治療が受けられる「キャッシュレス・メディカルサービス」に対応しています。またお客さま満足度92.2%の徹底的なサポート力によって、旅行中のさまざまなトラブルや、医療機関や医師の紹介や手配・医師通訳・保険金のスピーディーな支払いを実現しており、簡単な案件であれば5日(営業日)以内にお支払してくれるのが嬉しいポイントです。

>>詳細ページはこちら<<

損保ジャパン”新・海外旅行保険OFF!”

保険会社…損保ジャパン日本興亜
申込期日…旅行当日~45日前まで
保険期間…3ヶ月
加入年齢…制限なし
申込方法…24時間
支払…クレジットカード

特徴
旅行先によって保険料が変わるなど自由な設計が自慢。海外旅行保険の日本顧客満足度第1位、トリップアドバイザー2016旅行者のお気に入り第1位を獲得するほど人気のある保険です。旅行先によっては保険料が最大55%OFFになり、ファミリープランやカップルプランなど幅広いプランから無駄なく選べます。旅行中も安心の365日24時間、幅広くサポートしてくれます。

>>詳細ページはこちら<<

三井住友海上 ネットde保険 @とらべる

保険会社…三井住友海上
申込期日…旅行当日~60日前
保険期間…92日以内
加入年齢…保険内容による
申込方法…24時間
支払…クレジットカード

特徴
出張や観光のみの目的にしか使えず目的が限られてしまうのですが、インターネット経由の加入で最大46%OFFも書面からの契約より断然安くなることも。2回目以降のご利用の場合条件を満たせば5%OFFのリピーター割引もあります。1日ごとのきめ細かい保険料なので無駄がなく必要な分だけ、保険を支払うことができ便利です。

>>詳細ページはこちら<<

エイチ・エス損保のネット海外旅行保険「たびとも」

保険会社…エイチ・エス損保
申込期日…旅行当日~60日前(2018年6月1日より「出発日の前日まで」に変更)
保険期間…31日まで/延長もできる
加入年齢…満69歳以下の人
申込方法…24時間
支払…クレジットカード

特徴
HISグループの損保会社で保険金の支払いが原則9日(営業日)ととにかく早い!海外中に何かトラブルが起きてしまった際の困った時の「サポートアプリ」なども充実していて、大手ならではのサポート力が自慢です。24時間365日日本語でのサポートや世界50カ国以上に対応しているフリーダイヤルなど、英語が苦手な人も安心です。旅行会社が提供している安心感もありますよね。

>>詳細ページはこちら<<

チャブ保険の海外旅行保険(旧損害保険株式会社)

保険会社…チャブ保険
申込期日…旅行当日~90日前
保険期間…3ヶ月まで
加入年齢…満69歳以下
申込方法…24時間
支払…クレジットカード

特徴
治療の救援費用が無制限で海外で急な医療費がかかる時でも負担金がありません。賠償責任や、携行品損害などの幅広いトラブルをサポートします。24時間いつでも日本語対応のサービスセンター付きで、保険金の手続きや医療機関の紹介・専門医の紹介などの手配を代行してくれます。緊急移送や帰国時の手配もサポート。

>>詳細ページはこちら<<

海外旅行におすすめしたいクレジットカード

次に海外旅行におすすめしたいクレジットカードをご紹介します。

海外旅行保険がもともとついているものや、その他の特典が付いていてお得なものなど、何を基準にして選ぶのかによっても変わってきます。

海外旅行保険の補償が付帯している

傷害・疫病治療費、携行品損害が高め
楽天カード
dカード GOLD
三井住友VISAゴールドカード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
エポスゴールドカード
JCBゴールドカード
セディナゴールドカード

海外キャッシングに強い

手数料が安い、繰上げ返済ができる
エポスゴールドカード
→年会費無料のタイプでも○。キャッシングがはじめての場合30日間の金利がかからないので、現地ATM手数料のみの数百円でキャッシングを利用できる。
セディナゴールドカード
→年会費無料のタイプでも○。海外ATM手数料がかからないこと、キャッシングのネットバンキングで振込手数料無料にて繰り上げ返済も対応している。

手数料に関しては国際ブランドによってもともと加算される額がある程度決まっています。例えば一番高額なのがアメックスで2.00%、次にVISAやMasterCardの1.63~です。一番手数料が安いのはDinersになり1.30%です。

海外旅行に便利な特典がついてくる

空港ラウンジ利用、wi-fiレンタル無料etc
三井住友VISAゴールドカード(国内空港ラウンジ)
dカード GOLD(国内空港ラウンジ)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(国内・ホノルル国際空港/海外用Wi-Fiレンタル)
エポスゴールドカード(国内・ホノルル・仁川/海外用Wi-Fiレンタル)

また、クレジットカードを持っている本人だけでなく一緒に旅行している家族の万が一に備えてくれる保険もあります。

セディナゴールドカード(配偶者)
JCBゴールドカード(19歳以下)

家族でクレジットカードを持っていない人がいる場合、一緒に補償されるので何かとお得です。海外旅行では何があるかわかりません。家族までしっかりと補償してくれるのは嬉しい特典だといえるでしょう。

海外旅行に最適なクレジットカード比較

補償費用についてはすべて最高額にて記載しています。状況によっては金額が変わりますので、該当する保険会社にてお問い合わせください。

なお、自動付帯であればカードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入れます。手続きや登録などといった手間がかからないので楽チンです。

dカード GOLD(自動付帯)

dカード GOLD 公式ホームページ

年会費10,800円かかるものの、傷害治療費300万円、傷害後遺障害1億円、傷害死亡1億円、携行品50万円など、とにかく補償金額が高いのがポイント。頻繁に海外旅行をする人にはお得なカードです。利用頻度が多いとクーポンの付与などもあります。

楽天カード(自動付帯)

楽天カード 公式ホームページ

誰でも簡単に作れる年会費無料の楽天カード。傷害治療費100万円、傷害後遺障害2,000万円、傷害死亡2,000万円、携行品20万円など補償額は安いけど、その分年会費がかからないので、もっている分には便利なカードです。

三井住友VISAゴールドカード(自動付帯)

三井住友VISAゴールドカード 公式ホームページ

初年度年会費無料、翌年度から10,800円かかります。傷害治療費200万円、傷害後遺障害1,000万円、傷害死亡1,000万円、携行品50万円と年会費と比較すると割高。でも空港ラウンジの使用や3,000円割引の宿泊サービスなど他の特典がとにかくお得。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(自動付帯)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 公式ホームページ

初年度年会費無料、翌年度から10,800円かかります。損害治療費300万円、損害後遺障害1,000万円、傷害死亡1,000万円、携行品30万円としっかり補償。手荷物無料宅配サービスやWi-Fi、コートお預かりサービスなどとにかくサービスが充実しています。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード 公式ホームページ

年会費5,000円ですが、ご優待特典などで無料になるケースも!傷害治療費300万円、傷害後遺障害1,000万円、傷害死亡1,000万円、携行品20万円と補償額も高く、国内外で使用できる空港ラウンジの数が多いこと、手荷物割引や空港から自宅までの荷物配送サービス、紛失時の緊急カード発行など何かとサポートが付いています。ノーマルカードでも、海外キャッシングの利息がかからないなど、お得。

セディナゴールドカード

セディナゴールドカード 公式ホームページ

初年度WEB申込みで無料。翌年度から6,000円と比較的お得なゴールドカードです。配偶者も補償されるなど嬉しい家族特典付き。傷害治療費300万円、傷害後遺障害1億円、傷害死亡1億円、携行品50万円と補償もバッチリです。ノーマルカードの場合、特典といえるものはほとんどありませんが、海外のキャッシングにはとにかく強いです。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード 公式ホームページ

初年度無料、翌年度から10,800円がかかります。旅行に特化したサービスが多く空港ラウンジや優待サービス、人間ドッグなどもあります。19歳未満の家族であれば一緒に補償される特典付き。傷害治療費300万円、傷害後遺障害1億円、傷害死亡1億円、携行品50万円と手厚い補償内容です。

まとめ

さまざまな情報を集めたところ、補償額が高い上に旅行系サービスが充実しているエポスゴールドカードが根強い人気を誇っているようです。

海外旅行に便利なクレジットカードは、1枚持っているだけで何かと便利。すでにカードを持っていて新しいものを作るのはためらう…という方は別途海外旅行保険への申し込みをおすすめします。

サンフランシスコは場所によっては治安が悪く、日本人の被害も多数報告されているので万が一に備えていると安心ですよ♪

お知らせ

【Twitter】 @sfclip_2014
【Instagram】@sfclip_2014
【別ブログ】Edit your Life

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク





関連記事

  1. 在住歴12年のライターが語る!サンフランシスコの治安(エリア別情…
  2. 在住歴12年のライターが語る!サンフランシスコの天気と服装を季節…
  3. 日本とサンフランシスコの時差はどれぐらい?計算方法とポイントを解…
  4. サンフランシスコ旅行に必要な持ち物は?海外だからこそ用意しておき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて


 

「SF CLIP」は、在米歴6年・旅行情報誌&現地フリーペーパーの元編集者(mica)が運営するサンフランシスコ/シリコンバレーの情報ブログです。

 

実際に見たもの、食べたものの記録を中心にリアルな情報を絶賛更新中♪

 

旅行サイトへの寄稿、旅行プランニング、各種リサーチ等お仕事承っております。お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP